赤面症 意味

赤面症ってどういう意味?なにかの病気なの?

スポンサーリンク

あなたは赤面症という言葉をご存じですか?
この症状に悩んでいる人が大勢いるということもなかなか知らない場合も多いかも知れません。
そもそも赤面症とは、その名のとおり赤面してしまう症状で、赤面恐怖症とも言います。
これは、風邪などのような病気ではないのですが、対人恐怖症の症状のひとつであり、悩んでいる人にとってはとても厄介な症状です。
もともと赤ら顔になりやすい体質の人はいますが、そのことが周囲からどのように思われているのか不安になってしまったり、それが原因で人前にでて話をしたり、友達と話をするだけでも顔が赤くなってしまうというものです。
体質によってもともと赤面しやすいという人も多いのですが、周囲からこの顔が赤くなる状態を指摘されたり、からかわれることによって、余計に恥ずかしくなったり、対人関係で緊張してしまうために、さらに赤面しやすくなってしまうということがあるようなのです。

スポンサーリンク

このようになってしまうとだんだんと外出することすら辛くなってくるようなもので、周囲になかなか理解してもらえないというのも辛さを大きくしています。
赤面症でない人からすれば、確かに理解しにくいものかもしれません。
「誰も赤ら顔なんて気にしていないよ〜」とか、「もっと堂々としてても大丈夫だよ!」とか、そのように考えてしまいがちですが、実際に赤面症で悩んでいる人たちにとっては、そんなに単純に考えることはできないのです。
ですので、周囲の人たちも赤面症を軽視するのではなく、悩んでいることを理解しようとする姿勢が大切です。
まして、「すっごく顔真っ赤だね!」なんて何気なく言ってしまうと、それだけで赤面症で悩む人を傷つけてしまうかもしれません。
なかなか難しいかも知れませんが、周囲の配慮が赤面症の改善に向かうための重要な要素になってきますね。
周りが赤面していることをからかったり冷やかしたりせず、普通に接して相手を受け入れてあげることができれば、赤面症で悩んでいる人もかなり気持ちが楽になるでしょう。

スポンサーリンク