赤面症 食べ物

赤面症を食べ物や飲み物で改善するには?

スポンサーリンク

赤面症は精神面の改善が重要と言われていますが、実は食べ物等によってある程度改善を図ることもできるようです。
赤面症の症状を緩和させるのに有効な食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか?
対症療法にはなってしまいますが、顔が赤くなりにくくなるように食べ物で工夫することができます。
顔が赤くなりやすい人は、他の人に比べて上半身の方に血液が行きやすい傾向があります。
ですので、下半身にも血流が良くなるように血の巡りを良くしてあげればよいのです。
したがって、体を温める食べ物が赤面症には有効です。
ニンジンやジャガイモなどの根菜は体を温めてくれる効果があります。
これらをスープにしておけば、さらに体が温まりそうですね。
特にも冬場などは、これで体を温めるとよいでしょう。
冬野菜も取り入れることができるので健康的ですね。

スポンサーリンク

また、冷たい飲み物も体を冷やしてしまうので控えた方が良さそうです。
暖かい飲み物で体を温め、リラックスすることで、副交感神経の働きも活発になり、赤面症になりにくくなります。
しょうが湯などだと、さらに体がぽかぽかして良いかもしれませんね。
これらの食べ物や飲み物で、体全体にバランスよく血液が循環するようになれば、顔が赤くなってしまう症状がある程度緩和できるようです。
一見、体を冷やしてしまったほうが顔も赤くならないのではないかと思いますが、体を冷やしてしまうと赤面症にもあまりよくありませんし、健康のことを考えてもあまりいい状態であるとは言えないでしょう。
ただし、赤面症の根本的な原因はやはり精神的な部分が大きいので、赤ら顔になる可能性を少しずつ減らしながら、最終的には自分の心を向き合って、症状を過度に気にしなくても大丈夫な状態になれれば良いですね。
そのための第一歩として、おいしい食事から赤面症を改善していけるといいですね。
解決までには時間もかかってしまうかもしれませんが、いつか赤面症の辛さから解き放たれるよう願っています。

スポンサーリンク