赤面症 勘違い

赤面症で異性に勘違いされちゃう?

スポンサーリンク

赤面症でお悩みの場合、顔がすぐに真っ赤になってしまうことによる独特な悩みがあると思います。
それは、異性に対して恋愛感情があるのではないかと勘違いをさせてしまうということです。
たしかに、自分の目の前にいる異性が顔を真っ赤にして立っていたら、勘違いをしてしまう人も出てくるかもしれませんね。
勘違いをしてくれる異性が好きな人であれば、むしろそのまま勘違いし続けてもらいたいところなのですが、好きでもない異性や、むしろ嫌いな異性に勘違いされてしまうのは避けたいですよね。
赤面症の場合、異性に限らず同性の前でも赤くなってしまうことがあるので、好きじゃない人からも勘違いされてしまう可能性と言うのは十分にあります。
逆に、好きな異性からいい意味で勘違いされてしまって、そのままお付き合いすることができるようになれば、それはそれで結果オーライでいいのですけれど…
もしも勘違いされてしまいそうで都合が悪い時には、いったいどのように対処すれば良いのでしょうか?
一番理想的なのは、「気にしない」ことです。

スポンサーリンク

赤面症の原因は、自分の顔が赤くなってしまうことを過度に気にし過ぎてしまい、そのせいで人前に出たり他人と会って会話をするときに、「変に思われたりしないだろうか」などと不安や恐怖心を抱いてしまうところにあります。
ですので、多少、異性の前で顔が赤くなったとしても、別に気にしないということが一番の解決策です。
しかし、そんなに簡単にはできないですよね?
そんなときは、「開き直る」という手段も効果的です。
例えば「私ってすぐに顔があかくなっちゃうんだ〜」と、周囲にあえて話してみます。
話さないで、周囲からどんな風に思われるのかなと不安に考えていると、余計に赤面症が悪化してしまいます。
そこで、あえて自分の顔は赤くなりやすいことを話してしまえば、自分の気持ちも軽くなりますし、周囲もあなたの赤面症のことをそれほど気にしていなかったことが分かって、悩みが軽減されるかもしれません。
その結果として、赤面症が改善されると最高ですね。

スポンサーリンク