赤面症 皮膚科 何科 病院

赤面症の時は何科の病院に行けばいいの?やっぱり皮膚科?

スポンサーリンク

赤面症を何とか治したい!でも、病院はどこに行けばいいの?
こんな風にお悩みの方はいらっしゃいませんか?
確かに、赤面症はどこかに怪我をしたわけでもないですし、一体何科の病院を受診したらいいのかわからないですよね。
顔が赤くなりやすいのですから、やはり皮膚科が良いのでしょうか?
最初にイメージしやすいですしね。
しかし、赤面症と言うのは基本的に皮膚の病気ではないので皮膚科に行っても治療することは難しいです。
もちろん、皮膚の疾患によって顔が赤くなってしまうような時には皮膚科に行って治療を受けるのが正しいのですが、赤面症の場合には、皮膚自体には全く問題がないということも多いのです。
赤面症の根本的な原因は精神的な面にあることが多いようなので、心療内科や神経科など、精神や神経を専門としている科で診てもらうことが効果的な場合もあるようです。

スポンサーリンク

しかし、心療内科や精神科というと、何だか抵抗があると言う人もいるかもしれません。
単に赤面してしまっているだけで、精神的には全く辛いと思っていないという場合には、これらの病院を受診しなくても、ペインクリニックなどでの手術によって治療を進めるということもできるでしょう。
心療内科などの場合は、ほかの病院に比べて何だか特別というか独特な雰囲気があり、行きにくいと感じる人は確かに多いです。
ですが、実はこれらの病院も他の病院とほとんど雰囲気は変わらないのです。
見た目や中身も他の病院とは大差がないですし、医師や看護師、受付も普通の病院と同じですので、実際に行くとあまり違和感がないと思います。
最近は心の病が一般的に認知されるようになったことも大きく影響しているのかもしれませんね。
心療内科などは、精神的な面のカウンセリング等だけではなく、それらの精神的負担を軽減させてくれる薬も処方してくれます。
赤面症は皮膚や血管の問題と思ってしまうことも多いですが、実は最初は薬による治療からスタートすることが多いのです。
お医者さんに相談しながら適切な治療を行って、赤面症が一日も早く改善されると良いですね。

スポンサーリンク