赤面症 皮膚が薄い

赤面症は皮膚が薄いのが原因?

スポンサーリンク

赤面症になってしまう原因として、顔の皮膚が薄いせいだと言われることがよくあります。
これも確かに原因の一つかもしれませんが、実際のところどうなのでしょうか?
今回は赤面症と皮膚の薄さの関係について考えてみたいと思います。
まず、赤面症というものは何かということについて触れてみたいのですが、赤面症は顔が赤くなってしまうことを周囲にどのように思われてしまうのかと不安に感じてしまうことで、より顔が赤くなってしまうような症状です。
ですので、周囲の目が気になると言った精神的な面が大きく関係してくる症状なのです。
ですが、確かにもともと赤ら顔になりやすい人というのは存在しています。
そのような人が周囲から赤ら顔を指摘されると、そのことを気にしてしまって赤面症になってしまうということはありますよね。
たくさんの人から顔が赤くなることを言われてしまうと、気にするなという方が無理がある場合もあるでしょう。

スポンサーリンク

赤ら顔の原因としては、顔の皮膚が薄いということも挙げられます。
緊張や興奮によって血管が膨張すると、そこの部分に血流が多くなります。
この時に、その部分の皮膚が薄いと、通常よりも赤く見えてしまうというものです。
このように、皮膚が薄いと赤ら顔になりやすく、そのことを過度に気にしてしまう結果として赤面症になってしまう可能性は高くなります。
それでは、赤面症を解決するには、皮膚の薄さや赤ら顔になりやすい状態を改善するしかないのでしょうか?
確かに、赤ら顔を改善できれば赤面症も改善するかもしれません。
しかし、皮膚が薄いと言う問題を解決するのはなかなか難しいですよね?
現実的な解決方法としては、多少顔が赤くなってしまっても気にし過ぎないことや、不安や恐怖心を取り除いていくことです。
この点については他の記事でもご紹介しておりますので、よろしければ参考になさってくださいね。
もしも、皮膚が薄いために血管が近くて赤く見えやすいことがお悩みの場合には、レーザー治療などを検討するという方法もあるでしょう。
お医者さんにそれを相談してみるというのもいいですね。

スポンサーリンク