赤面症 手術 副作用

赤面症の手術に副作用はあるの?代償性発汗とは?

スポンサーリンク

赤面症がひどく、カウンセリングやお薬でもなかなか改善できない場合には、手術という手段もあります。
しかし、この手術には副作用などのリスクは潜んでいないのでしょうか?
今回はその点について考えてみたいと思います。
赤面症の手術には「胸部交感神経遮断手術」というものがあります。
これは交感神経の一部の働きを遮断することによって自律神経のバランスを保ち、その結果として赤面しにくくするというものです。
しかし、この手術には副作用もあることを事前に理解しておいた方がよいでしょう。
副作用として挙げられるのは「代償性発汗」というものです。
代償性発汗というのは、手術を行った影響として、背中や腰、お腹などが汗をかきやすい状態になってしまうことをいいます。

スポンサーリンク

もともと胸部交感神経遮断手術というのは多汗症の対策としての手術であり、手のひらなどの発汗を抑えるためのものでした。
手術によって手の汗を抑えることはできるのですが、その代わりに背中などの汗が多くなってしまうというものです。
手術の際に遮断する神経は何種類か存在しており、自律神経のバランスを取るために、どの神経に手を加えるのかはケースによって異なります。
また、神経によって、この代償性発汗の影響の大きさも変動するため、実際に手術を行う前には医師とよく相談する必要があります。
なるべく代償性発汗を抑えながら手術を行うことができるよう、確かな知識や技術をもったお医者様のもとで治療を受けたいですね。
事前にどの病院が良いか調べたり、現在お世話になっている先生に紹介してもらうというのも良いでしょう。
赤面症を治療していくために手術を行う場合には、やはりその方法や治療方針などについてきちんとお医者さんから説明を受けたうえで、自分も納得してから治療を行っていくことが大切になります。
副作用が現れてしまうものなのか、その可能性はどれくらいなのかを理解したうえで、それを受け入れることができるかどうか考えてから治療を受けるようにするとよいでしょう。

スポンサーリンク