赤面症 受け入れる

赤面症を受け入れるには?これが治療の最短ルート!

スポンサーリンク

赤面症について調べていくと、これは精神的な面が強く影響している症状なのだと言うことがわかってきます。
そして、その改善のためには、「赤面症を気にしなくなる」というのが最強の解決策です。
しかし、頭ではそのことが分かっていても、実際に人前に出ると緊張してしまいますし、嫌でも意識してしまうものだと思います。
どうすれば、赤面症の事を気にせずに堂々としていられるようになるのでしょうか?

 

「気にしない!気にしない!」と考えていると、逆に意識してしまって、より緊張してしまうものだと思います。
それであれば、いっそのこと赤面症を治療したり何とかしようとするのではなく、逆に受け入れてしまおうと思う方が簡単に解決することがあるようです。

 

自分が赤面症であることは、ある意味仕方のないことなのだと考えて、周囲にも正直に話してみるのも良いでしょう。
「私って、すぐに緊張して顔が赤くなっちゃうんだよね」などと話してみると、意外と周囲はあなたの顔が赤くなりやすいということすら気にとめていなかったということが分かるかもしれません。

スポンサーリンク

ずっと一人で悩んでいたことが馬鹿らしく感じられるかもしれませんね。

 

ある種開き直って、すぐに顔が赤くなってしまう自分を受け入れることができるようになると、精神的に非常に楽になります。
これまでは「赤くならないようにしなければ」とか、「緊張して失敗しないように気をつけないと」と心も体も緊張していたことと思いますが、「赤くなってしまうのが自分なんだ」と思うことで、硬さがだんだんとほぐれていきます。

 

すると、これまで赤くなってしまうことと自己嫌悪感の悪循環だったものが断ち切られ、辛い思いからも解放されます。
どうにかして解決しようとするのではなく、力を抜いて自分を受け入れることが実は治療への一番の近道だったんですね。

 

このように、少しでも気持ちが軽くなって、赤面症で悩んでいたことが過去のものになる日が来るのが待ち遠しいですね。

スポンサーリンク