赤面症 顔が熱い 原因 対策

赤面症で顔が熱い!赤面症の原因と対策は?

スポンサーリンク

赤面症の方の場合、顔が熱くなるほど真っ赤になってしまって人前に出られないほど悩んでしまうことも多いですよね。
なぜこれほどまでに赤くなってしまうのでしょうか?
そして、どのように対策をすればいいのでしょうか

 

赤面症になってしまうのには大きく以下の2つの原因があります。
1 もともと顔が赤くなりやすい体質である。
2 顔が赤くなってしまうことで周囲に変な目で見られるのではないかと不安になる。

 

1についてはもともと生まれ持ったものであるのですぐには改善が難しいところがあります。
しかし、1は赤面症の大きな原因と言うわけではありません。

 

大きな原因になるのは2番の方です。
周囲の人々の目が気になってしまうと、人前に出るのが不安になり、緊張するようになってしまいます。
緊張するとさらに顔が赤くなりやすくなり、さらに不安が大きくなっていく悪循環に入ってしまいます。
ですので、2の方が大きな原因になってしまっているのです。

スポンサーリンク

それでは、どのようにすれば赤面症を治すことができるのでしょうか?
一言でいうならば、周囲の目を気にしないようにすることです。
これができれば苦労はしないと思いますので、ステップを踏みながら徐々に改善していきましょう。

 

まずは、1のほうの問題を解決していくというのも1つの手段です。
そもそも赤ら顔にならなければ、悪循環のもとの部分をなくすことができるので改善には効果的です。
たとえば、マスクや眼鏡などで隠してみたり、お化粧などをするのも良いでしょう。
最近は男性も軽くお化粧をすることもあるようです。

 

そうすると、徐々に周りの人が自分に対して不審なまなざしを送っていないことに気がつけると思います。
あとはすこしずつ隠す回数を減らしていきましょう。
気がつけば、周囲は自分の赤ら顔をそんなに気にしていなかったということがお分かり頂けると思います。
そうなれば、赤面症はほとんど治ったも同然です。

 

言葉にすると簡単ですが、それなりに時間がかかる場合もあると思います。
根気強く取り組んでみて下さいね。
少しでもあなたの赤面症の辛さが軽減されることを願っています。

スポンサーリンク