赤面症 マスク

赤面症をにはマスクが有効!?

スポンサーリンク

赤面症で顔が真っ赤になってしまうのが怖くて、なかなか人前に出ることも、外出することすらもできなくなってしまうことってありますよね。
赤面症のせいで行動がとれなくなってしまうのは、やはり、周囲の目が気になってしまうところにあります。
ですが、周囲の目が気になってしまうのであれば、周囲の目につかないようにすれば良いのです。
つまり、マスクで顔を覆ってあげるのが効果的です。
マスクの他にも、帽子やサングラスなどを利用するのも良いでしょう。
マスクで赤くなってしまう部分を隠してあげれば、もう周りの人たちの目を気にする必要はありません。
安心して周囲の人たちと会って、話をすることができるようになります。
まずは、自分が気になっている部分を相手にあえて見せないようにすることで、まずは周囲の人たちと気兼ねなく会話をしたり接することができるようになることから始めていくといいでしょう。

スポンサーリンク

最近は、様々な病気も増えてきていますし、世間的にもマスクをしながら人と会話をすることへの抵抗が少なくなってきているように感じます。
特にも、風邪やインフルエンザなどがはやりやすい冬場の時期などにはマスクをしていても周囲からマスクを外すように言われることもかなり少なくなってきました。
この状況を活用して、マスクによって赤面している部分を隠すというのも良いでしょう。
ただし、少しずつでもいいので、堂々と人と話ができるようになったら、時々マスクを外して話をしてみるようにしましょう。
マスクを外すときには少しだけ勇気がいるかもしれませんが、食事の時など、自然に外せるタイミングで外してみると良いでしょう。
周囲の人たちも、マスクをつけていようがつけていまいが、あなたへの対応や反応は変わらないということに気がつくはずです。
あとは、少しずつマスクをつけない時間を長くしていけば、赤面症はかなり改善されているはずです。
近い将来、「赤面症で悩んでいた時期もあったなぁ〜」などと思えるようになれれば最高ですね!

スポンサーリンク